医療レーザーを使った脱毛方法

医療レーザーを使った脱毛方法についてです。脱毛というと少し前までは電気針による脱毛が主流でした。近年では、医療レーザーや特殊なフィルターを通した光を使う脱毛施術が多いようです。脱毛の方法が、電気針から医療レーザーに推移した背景には何があるでしょう。1本ずつのムダ毛に電気を通し、毛根にダメージを与えるのが電気針を使う脱毛の方法で、時間もかかり、痛みもある方法でした。その点、光や医療レーザーは痛みが軽く、短時間で済むという利点がありました。光と医療レーザーでの脱毛は、どこが違うのでしょう。黒い色素に反応して熱を集める特殊なレーザーを肌に照射することで、毛母細胞にダメージを与えるのが医療レーザーの脱毛方法です。光脱毛の場合は、様々な波長の光を肌表面に当てることによって、医療レーザーと同じように毛根の細胞を変形させる事で脱毛する方法になります。光の場合は出力がレーザーほど強くないことから、肌への刺激が少なく済みます。医療レーザーは脱毛力が強く、光脱毛は肌に優しいといった特徴があるため、どちらが秀でているかは一概には言えません。脱毛施術を受ける時には、事前に情報収集をした上で納得のいく方法を選びましょう。医療レーザーを使った脱毛は医療行為になるため、エステなど美容だけを取り扱っているような施設ではできず、医師の指導が必要になります。また、光脱毛は医療レーザーのように施術者の技術やスキルに対する制限がないため、扱う人によっては脱毛の効果や皮膚への影響に差が出ます。

医療レーザーによる脱毛の特徴について

医療レーザーによる脱毛の特徴について調べてみました。医療レーザーは、医師資格を持っている人しか取り扱えません。そのため、医療機関やクリニックなどで医療レーザー施術を受けることになります。エステでの脱毛では、医療レーザーは受けられないことは把握しておくといいでしょう。もしもレーザーの光が肌に合わずに何らかの問題が発生した場合でも、医師がいるという環境下であれば安心して任せることができます。かつては電気針を使うニードル脱毛が主流でしたが、針を使う方法と違って、医療レーザーなら一定のエリアを一気に脱毛することができます。レーザーならば照射できる範囲が広くなるので、施術時間を短く済ませられます。脱毛をする際には、発毛の周期によって抜けて出ていない毛もあるので、少し伸ばしてから施術を受けた方が良いという事もありました。医療レーザーは毛根のみにダメージを与えるので、毛の伸び具合は問題なくなりました。体毛がまだ短いうちでも、医療レーザーを照射することで脱毛ができるようになっています。様々な美容コースがありますが、医療レーザーを使う方法は皮膚への負担が少なく、痛みが少ないことです。痛い施術が嫌だという人でも、肌が荒れやすいという人でも、安心して利用できます。脱毛のために使う他にも、肌本来の美白効果を高めることが、医療レーザーならできます。コラーゲンや、ヒアルロン酸は皮膚の保湿や弾力に関係する重要な成分です。この成分を体内でつくる作用が、医療レーザーによる脱毛施術でアップするのです。

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザーを使用した脱毛には痛みが少ないとか、広範囲の脱毛が可能などのメリットがありますがデメリットもいくつかあるようです。医療レーザーは、肌の色が黒い人には使用できません。生まれつき肌の色が濃い目な人、日焼けをして肌が小麦色の人などが利用できない人です。色の濃い部分にエネルギーを集中させることで、医療レーザーは脱毛を行います。皮膚の色が濃いめだと、毛根の他に皮膚自体に医療レーザーが反応してしまうので、皮膚が火傷などのダメージを負ってしまう恐れがあります。体毛の色が薄い人は医療レーザーが反応しないため脱毛ができませんし、うぶ毛などの細い毛も同様です。せっかく医療レーザーで脱毛をしたのに、期待したほど脱毛効果が得られなかったという人もいます。脱毛に使用されるレーザー機器もどんどん進化しています。以前はあまり脱毛効果が得られなかった人でも最新のレーザーでは効果が期待できるます。カウンセリングを受けて、エステで判断を聞いてみるといいかもしれません。脱毛とレーザーの研究が進んだことから、医療レーザー脱毛自体の費用も安くなっています。光脱毛と医療レーザーの施術料金を比べると、やはり高いのは医療レーザーです。金銭的な問題と脱毛方法の選択は切っても切れない関係ですが、アフターケアの内容や、安全性の高い施術かという点も大事です。どんな脱毛方法にはどういった利点があり、欠点があるのか、口コミサイトやエステの情報サイトを活用しましょう。自身のお肌のコンディション、ムダ毛の状態、おサイフ事情なども考え合わせて医療レーザーの脱毛を検討してください。

レーザー脱毛と光脱毛の方法について

エステの光脱毛と医療レーザーによる脱毛方法とでは、どちらの方がより良いのでしょうか。脱毛効果の強さだけで比較する場合、光での脱毛より、医療レーザーでの脱毛の方が、より強力な脱毛力を誇っているとされているようです。少なからずの人が、確実な脱毛を求めて医療レーザーを利用したといいます。ただし、股間部分のムダ毛処理をする場合は、脱毛効果が強すぎると肌を傷めたり痛みを生じたりします。痛みが苦手という人では、医療レーザーの痛みは強すぎると感じる人もいたといいます。また、肌が医療レーザーの光の刺激に負けてしまい、しばらく発疹ができて大変だったという人もいるといいます。肌が弱いデリケートな部分の脱毛処理を自分で行うことは、時間と手間がかかる割には肌を傷めてしまう上に脱毛効果も持続しません。肌を傷つけてしまったり、傷がついた部分が膿んでしまったり、それがきっかけになって皮膚に色素の沈着が起きてしまう場合もあります。アフターケアについては、医師がいる医療レーザーでの脱毛ならば安心です。医師のいないところでは使えないくらい効果がある器機が、医療レーザーであるともいえます。近年では、医療レーザー以外の方法でも十分な脱毛効果が上がるくらいには、脱毛に関する美容技術は進んでいます。光脱毛でも、十分に脱毛効果が期待できるという場合も少なくありません。脱毛施術を受ける時には、どんな脱毛方法にどういった特性があるかなどの情報収集をしたり、カウンセリングを受けてからレーザーかその他かなどを決めましょう。